利用者・保護者様へ

TOP > 利用者・保護者様へ

就労継続支援A型事業所ではどんな活動をするの?

生き生きとした日々を送って頂くために

利用者の皆さんは、職業技能や体調管理能力、コミュニケーション能力などを身につけるために、実際の業務や職業訓練を行います。
それぞれのペースで力をつけながら、就労の継続を目指していきます。

活動の具体的な中身は様々ですが、当社では以下の事業を行っております。

  • 新聞素材加工
  • 流通加工作業
  • 製袋加工
  • 目視検品作業
  • ギフト発送代行
  • セットアップ作業
  • 施設外就労

もちろん、業務以外にも、一般常識や社会常識、コミュニケーション能力など、皆さんが就労を継続するのに必要な能力を身につけることが出来ます。

利用対象者

一般企業等に就労することは難しいが、雇用契約を結んで、継続的に就労することが可能な65歳未満の方(利用開始時65歳未満の方)。

具体的には次のような例が挙げられます。

1.就労移行支援事業を利用したが、企業等の雇用に結びつかなかった方
2.特別支援学校を卒業して就職活動を行ったが、企業等の雇用に結びつかなかった方
3.企業等を離職した者等就労経験のある方で、現に雇用関係がない方

※就労継続支援A型事業所を利用するには、原則として『障がい者手帳』、『療育手帳(愛の手帳など)』、『特定疾患医療受給者証』などが必要になります。
※市区町村の保健福祉課などへの申請も必要となります。
※申請には専門の用紙への記入や医師の診断書が必要になるケースもあります。
※地区により行政機関の受付の課や手続きが異なります。
※医療券が必要な場合もあります。(詳細はお住まいの地区の役所、支援施設、事業所などにご相談ください)

ワクアではどんな働き方が出来るの?

私達、ワクアは就労継続支援A型事業所です。
多くの仲間たちが日々仕事や訓練に勤しんでいます。

大切にしているのはそれぞれの個性を活かし、長所を伸ばすこと。

それぞれの特技、特性を活かす働き方ができるよう努めています。
仕事や訓練内容は多岐にわたっております。詳しくは加工請負のお仕事のページを御覧ください。
自分の働きが評価される喜びを、日々感じながら働ける環境です。

もちろん、仕事ですから辛いこともないわけではありません。
しかし、職業指導員や生活指導員、そしてなにより多くの仲間たちが一緒に悩みを共有し、解決を目指します。