新聞素材とは

TOP > 新聞素材の販売 > 新聞素材とは

特徴-1 森林の保護

「新聞素材」は、新聞古紙100%で製造されています。

世の中にある多くの再生紙は、古紙に新原料を混ぜたり、再生しやすい古紙で製造されていますが、「新聞素材」は消費者の皆様に回収のご協力いただいた新聞古紙100%で製造しています。

新聞古紙は、以前より消費者からの回収率の高い資源として注目され、日本の社会にとけ込んでいる古紙のリサイクルの優等 生・原点ともいえる、大切で身近な資源です。その証拠に、回収された新聞古紙は、段ボールや雑誌に再生利用されており、またその回収率は約66%と、他の 資源と比べても高い事が評価されています。地域や学校、企業に於いて回収活動が全国で盛んに行われている、とてもなじみのある活動ではないでしょうか?

しかし、残りの約34%はゴミとして廃棄されており、換算すると125万トンの資源が無駄になっています。
この無駄になっているものを有効利用する事で、125万トン分の森林資源を守る事ができます!
(新聞協会「新聞技術」第170号参照)

「新聞素材」はこの問題を解決し、少しでも再資源化を進め森林保護・環境保護を努めていきます!

特徴-2 廃棄物を出さない

省エネ生産・産業廃棄物・二酸化炭素の削減

新聞素材はリサイクル行程で無脱墨・無漂白に徹し、その結果、省エネや産業廃棄物・二酸化炭素の削減を可能にし、大きな環境負荷の低減をします。

特徴-3 循環型社会へ

地域密着・地産地消のモデルのお手本に!

「新聞素材」は新聞古紙100%使用ですので、原材料は全国各地にあります。そう、わざわざ原料を生産する事無く、読み終わった新聞を回収するだけで原材料が確保できるのです。

その集めた新聞古紙を地域の工場に運び、再生紙として「新聞素材」に生まれ変わらせます。 そして、地元で生産した「新聞素材」の商品を地域で消費。例えば市役所や学校、地元企業で使用していただき、再び回収。 そして再び「新聞素材」の製品へ。

「新聞素材」は、何度でも生まれ変わることができます。
わざわざ遠い場所から原材料を取り寄せる事をしなくても、地元地域で循環型社会が完成するのです!

NP・NP新聞古紙100%再生マークの使用可能

NP・NPとは、新聞素材のキャッチコピーであるNewspaper・Newpaper
<新聞を新しい紙に!>を表示したロゴマークです。